oukaadminさんのブログ

同窓会の事業を、 身近な「産学協同」を語り合おう!

応化同窓会についてのご意見・ご感想、会員便りに掲載する記事を随時募集しています!

ご意見・ご感想、記事のご投稿については、お問い合わせ からお問い合わせ下さい。

皆様のご連絡をお待ちしております。

都立大工学部工業化学科卒第11期生の同期会を開催しました。

 私達は1963年3月に卒業し、それぞれ社会人の道に進み既に56年経過しました。卒業の翌年の1964年秋には日本で初めて東京オリッピックが開かれテレビで応援したものです。来年夏の東京オリッピックもテレビ観戦できると思いますと、一生の間に2回も東京オリッピックを観戦できることは大きな喜びであり、そうできるのは数少ない世代かもしれません。2001年頃からだんだんと定年退職を迎え「暇ができたこと、昔の仲間と飲ミニュケーションをしたいこと」などから都立大S38卒工化同期会を不定期に開催してきました。そして最近は毎年1回泊りがけの同期会を開催しており、2013年は琵琶湖周遊旅行、2014年は三浦岬旅行に、2015年は鹿島神宮旅行、2016年は駿河健康ランド旅行、2017年は伊豆熱川ホテル旅行を行い、昨年の2018年は福島のスパリゾートハワイアンズを旅行し毎回10名から14名が参加し、楽しく飲ミニュケーションをしながら旧交を温めてきました。
 しかし、もうお互いに歳を重ねており「宿泊の同期会は止めて昼のランチタイム同期会」にしようということになり、今年は9月12日に新宿の土風炉(トフロ)西新宿1丁目店で行いました。
 同期生は27名でしたが、残念ながら4名は既に旅立っています。残り23名の中にも病気を患っている人もあり、結局集まったのは12名でした。色々な話題で盛り上がりましたが、メンバーの中に「奥様を亡くされ、その後再婚し大阪のタワーマンションに住居を移.している元気な仲間」もいて、羨ましい気持ちもあり、色々な角度で語り合い来年の再会を約束しました。
 来年はお互いに傘寿も迎える歳であり「高尾山に登って、下山後温泉に入るプラン」であり、多くの仲間が参加できることを楽しみにしています。

以上、同期会の状況を報告します。   

都立大S38卒工化同期会 幹事 上條恭資 k-kyosuke@jcom.home.ne.jp
カテゴリ:

会員便り

昨年度、会長の三谷です。今年度は、副会長として、同窓会の運営のお手伝いをさせて頂きます。

本日(7月6日)は、北野大先生(秋草学園短期大学理事・学長)がオーガナイザーのお一人である明治大学公開講座「安全学入門」に参加しました。
いろいろな分野の安全に関する著名な先生方が講義をされます。
北野先生は、リスクコミュニケーションについて講義されました。
来年も実施されますので、明治大学リバティミーアカデミーのホームページをご確認ください。
また、10月13日に、北野先生がファシリテーターをされる「化学物質のリスクコミュニケーション」が、13時より、秋草学園短期大学の508,509号室で開催されます。
花王、日産化学などが講演予定だそうです。
是非、ご参加ください。
みなさまには、引き続き、同窓会をご支援頂きたく、宜しくお願い致します。
 
三谷(25期)
https://www.akikusa.ac.jp/akitan/school-top/access/
http://www.tmu-ac-alumni.org/node/2342

カテゴリ:

都立大跡地で工業化学科34回生の同期会を10/20開催します

10月20日(土)14時~2時間

ベジタブルイタリアン YAKUMO111
住所:〒152-0023 東京都目黒区八雲1-1-1 パーシモンホール 1F
TEL: 03-3724-5515

飲み放題込みで@5,000円
建築の同期もご参加ください
61年卒業34回生 郷家正義

カテゴリ:

工業分析化学講座同窓会「鴎分会翁分会」の発足会合

第22回卒業生 鴎分会翁分会幹事 前田恒昭
tsuneaki-maeda@nifty.com

 
 工業分析化学講座の同窓会である「鴎分会」は、1960年(昭和35年)卒業の第8回生が第1期生になる。会の命名は荒木峻先生(故人)で、本研究室は鈴木繁喬先生(故人)、保母敏行先生、内山一美先生と受け継がれている。昨年、首都大学東京となって10年が経過し内山研究室の卒業生も増えてきたことから合同で同窓会を開催した。数年に1回開催される鴎分会は第1期生から続く卒業生の幅広い参加を得ており、昨年開催した時に最新の連絡先を更新し欠席者からは近況報告等行い内山先生の所に情報を集約し、この機会に幹事も若返りを果たした。鴎分会では、1996年に荒木峻先生の80歳を記念して同窓会の寄付により国際交流基金を創設して大学院生が海外で研究発表できるよう支援したり、2002年に保母先生が中心となって帰国した留学生等を訪問した事をきっかけにして2004年から継続して国際会議を開き研究室の海外交流につなげたり、第一期生卒業後の40年や50年の節目で盛大に開催したりして様々な活動を続け研究室と卒業生の交流を維持しており、後3年で60周年を迎える。同窓会は卒業して数年してから有難味がわかるようになるもので、在学時の研究室が続いていると同期の仲間同士だけでなく関係者への連絡が取れる状態が維持され、この状態は在校生にも大いに役立っていると思う。

カテゴリ:

有機工業化学研究室同窓会報告

三谷洋(25期)2017.04.09

 過日、研究室の1年後輩の石倉さんから大学同窓会事務局に連絡があり、久しぶりに研究室の先輩(私たち)に会いたいが、連絡先を教えて欲しいというものでした。私に連絡があり、同窓会開催の運びとなりました。


 同窓会は、4/5、新宿で開催され、渡辺、佐々木、井川、加藤、石倉、石岡、小出、三谷の8名が集まりました。渡辺さんは、現在、韓国の化学会社勤務、石岡さんは、名古屋在住で、来日、上京の都合に合わせての開催でした。

 年齢で言えば、私の±1歳と思います。いずれも60歳定年を過ぎ、悠々自適(フリー)、関連会社へ出向、独立(コンサルタント)、私のように転職・フルタイム勤務といろいろですが、みな元気に新しい環境を謳歌しているようでした。また、当時の研究やノミニュケーションの話に花が咲きました。

カテゴリ:

都立大工業化学科14期会開催のお知らせ

以下の要領で、新年会を兼ねて同期会を開催しますので、ご参加ください。

2016年と同じく、来住が幹事をします。

1.日時 2017年1月27日(金)、午後5時~
2.場所 がんこ新宿西口店(新宿110ビル、10F) 新宿西口すぐ
       tel  03-5322-7011 (http://www.gankofood.co.jp)
3.会費 6000円

来住 賢一(昭和41年)

カテゴリ:

14期会が行われました

 本年1月27日(水)に、場所は、東京は新宿駅前の「がんこ新宿西口店」にて、我ら工業化学科(旧都立大)14期生の同期会が行われた。この日に開催したのは、昨年の同日に、長浜邦雄君の幹事により新年会を兼ねての同期会があり、その席で、これからは毎年今月今夜の(聞いたことのあるセリフだが)この場所で同期会をやろう、ということが決まったことによる。幹事はお前がやれ、といわれて断るのが下手なので、小生が、やることになっていた。

 出席者は、昨年の13名より少ない9名だったのは残念であるが、新たな出席者もあり、また、昨年に続いて、お互いに元気な顔を合わせられたことは、うれしい限りであった。

 昨年は、談論風発し杯を重ねて、後で飲み代を徴収するハメになったことに学んで、今年は飲み放題付きのコース料理を頼んだ。M新聞の読者川柳の「クラス会 病気のあとは 墓のこと」ということにはならなかったが、今年も、昨年に劣らずあちこちで話に花が咲き、時間の過ぎることを忘れるほどであった。昨年のサラリーマン川柳に曰く「だんだんと 脳から顔に しわ移動」なので、脳ミソにしわを補充するために気の置けない友と大いに語り大いに笑うことは、非常に結構なことである。しかし、これが顔に移動するとちょっと問題ではあるが…。

カテゴリ:

ウォ―キングツアー添乗員への道

1974年学部卒(1976年修士修了) 八木恭一

 今から10年前の1月上旬、「最寄りの駅からハイキングバスが出ているけど行ってみる?」という妻の一言がきっかけになった。
 現在私は36年余勤務した石油会社を4年前に定年退職し、地元千葉市のバス会社でウォーキングツアーのパート添乗員をしている。

10年前の私は、大腸に潰瘍ができる難病を患い2年間に4回(1回当たり1~2ヶ月)も入院するという闘病生活を経て、漸く通常の生活ができるようになるまでに回復したところだった。体力も少しずつ戻ってきたところだったので、ハイキングなら大丈夫だろうという軽い気持ちで出かけることにした。その時のコースは千葉県内の富浦漁港でアジの開き作り体験をした後、付近の岬を巡るハイキングや水仙の咲く丘を登る等のハイキングを行ない、出来上がったアジの開きを受け取って帰るというものだった。

カテゴリ:

卒業から52年目のクラス会

 我々、都立大工業化学科第11期の卒業生が、今年も泊りがけで旅行に行ってきました。
 都立大を卒業してすでに52年、殆どが後期高齢者ですが、なお、しぶとく高齢者に留まっているのが2名ほどおります。今だに現役(もしくは現役同然)というのも複数いて、ここ数年クラス会は泊りがけが続いています。
 今回の行き先は、鹿島神宮(茨城県)と、千葉県佐倉市にある川村記念美術館と国立歴史民族博物館です。かなり高尚なところばかりでした。因みに、最終的にここに決めたのは、同級生中で最年長の柳町氏(満82歳)です。まだまだ元気ですが、寄る年波を感じさせることも多々あり、下見には自動車を自ら運転して回ったと聞いて、同行しなくて良かったと、密かに胸を撫で下ろしています。
 以下、見物(見学)個所につき、私の雑感を申し述べます。

鹿島神宮:
 11月18日東京駅八重洲口より高速バスに乗り鹿島神宮駅に直行しました。そこから参道を登って、大鳥居前でガイドさんと落ち合うことになっていました。しかし、その前に大鳥居前の蕎麦屋によって、昼食をとることにしました。水戸藩天狗党の面倒を見ていたという店で、天ぷらそばが1400円、やや高いが味が良かったのでまあまあでした。

カテゴリ: